JR只見線(会津川口~只見間)再開通は2022年(令和4年)になりました。
   2011年7月の新潟福島豪雨災害で流出した第5只見川橋梁、第6只見川橋梁、第7只見川橋梁は、その他の損傷個所とともに2018 年6月から復旧工事が開始しました。2021 年度中の全線復旧を目指し、会津川口駅~只見駅間の運転再開に向けた復旧工事が着々と進んでいましたが、第6只見川橋梁のケーブル基礎工事の地質が悪く、工法再検討により工期が伸びました。
 2022年度(令和4年度)上期に復旧工事完了、2022年(令和4年)中の運転再開を目指すことになりました。


       「第7只見川橋梁」トラス構造の橋梁 上部主構のトラス組み立てがほば出来上がり…。  2020.9.13 女将撮影

豪雨災害で流出した第7只見川橋梁


工事中の橋梁を支えるワイヤロープ 2020.8.20

 ↑「第7只見川橋梁」上部のトラス構造の橋梁の姿が見えてきました。右手は現存している
 桁橋の部分、これにつながります。
         2020.9.8
第7只見川橋梁施工計画
 


   豪雨災害で流出した第6只見川橋梁


 「第6只見川橋梁」の会津川口側のケーブル
  基礎工事の地質が悪く、工法再検討により
 工期が伸びました。
       (2020.8.26 JR東日本発表)

 「第6只見川橋梁」仮設橋が出来上がっています。後方は本名ダム・発電所 国道252号線  
                                  2020.8.
10 
 第6只見川橋梁施工計画

豪雨災害で流出した第5只見川橋梁

       ↑「第5只見川橋梁」橋桁が架りました。      2020.8.10  
第5只見川橋梁施工計画
 

 ※第5、第6、第7施工計画はJR東日本仙台支社「JR東日本ニュース」pdfより
  <JR東日本ニュース 2020.08.26>
 只見線(会津川口~只見間) 復旧工事
   の完了時期についてpdf  
  <JR東日本ニュース 2019.11.28>
 只見線の運転再開に向けた取り組み、
   車両の置き換えについてpdf