inbound 外国からのお客様

        ご夫婦で静かなローカルの旅♪ …シンガポールからのお客様

2018/2/20
 気さくなシンガポールからのご夫婦です♪♪
前日は、仙台で牛タンを食し、会津若松より只見線に乗り、雪深い只見に来ました。
 夕食では、女将手づくりの郷土料理に地酒日本酒「岩泉」をご夫婦で楽しまれ、お蕎麦も「verry good !!」と堪能されました
 IT器機の基盤の会社にお勤めするサラリーマンだそうです。日本語もとても上手でした。
 翌日は、只見線で小出~長岡~新潟へ。コシヒカリのごはんを楽しみにしているようです。その後、東京へ2泊の宿だそうです。
 東京はひとが沢山いすぎる…と言っていましたので、あえて、静かなローカルな旅を求められたようです。
 とても気さくで、一緒に飲もうと言ってくださり、女将の晩酌用の酒をサービスして、一緒に酒を交わしながらいろいろお話ができました♪♪
 チェックアウト後、玄関前で女将とお別れに記念撮影。インバウンドの皆さん、いつも笑顔が素敵です♪♪日本のローカルにたっぷり浸って、お元気に楽しい旅行をしてください。(^^♪
                           画像クリックで拡大します。

        冬のローカル線一人旅♪ …台湾からのお客様

2018/2/9
 台湾からの一人旅です♪♪
日本のローカルに興味があり、一人で台湾からきました。もちろんローカル只見線です。
 積雪230㎝、宿のすぐ目の前(駅前広場)が「雪まつり」の会場。丁度、前夜祭で点灯式のイベントがあり、入場門、大雪像が鮮やかな照明で照らし出され、感動 !! 本当に良いタイミングでのお泊りでした。
 日本の各地をローカル線を乗り継いで楽しんで旅行されています。翌朝は只見線で小出方面へ向かわれました。
 チェックアウト後、女将とお別れの記念撮影、楽しい思い出に残る旅をしてください(^^♪
 
                           画像クリックで拡大します。

        親子で雪の日本ローカル線の旅♪ …シンガポールからのお客様

2018/1/21
 シンガポールからご家族3人連れです♪♪
ご予約のメールがニューヨークからでしたのでアメリカの方と思っていましたら、写真真ん中の娘さんがニューヨーク在住で、シンガポールのご両親と水入らずの日本旅行です。
 ローカル線を利用して日本の地方の生活、文化、雪の田舎の原風景などを訪ねながら楽しく旅行されているようです。
 宿の前は丁度雪まつりの準備で雪の山、雪の多さにはさすが驚きながら、雪に埋まった街中を散策していました。行きかう町の人にも「こんにちは ! 」覚えたての日本語でご挨拶、明るく気さくなご家族です。
 
お食事は郷土料理を主とした日本食。女将が一つ一つ説明(?)しながら食べていましたが、みんな美味しいと完食♪「お蕎麦は会津の玄そば100%の手打ちそばで喉ごしがよく香りが高い」女将が用意した日本語と英語を対比した案内書でご納得。
 チェックアウト後、玄関前で館主と女将とお別れに記念撮影。「ありがとう、とても楽しかったです。」片言の日本語にこちらが感激 !!
 只見線で新潟方面にお帰りになりました。お元気で楽しい旅行をしてください。(^^♪
                           画像クリックで拡大します。

        冬のローカル雪体験の旅♪ …台湾からのお客様

2018/1/15
 
台湾からの女性2人旅です。
会津から只見線で来ました。140㎝を超える積雪に驚きながら、雪まつりの会場準備が始まった只見駅周辺の雪景色を盛んに写真に収めていました。
 お食事は、お好みはどうかと少々心配しましたが、日本食すべてOK、郷土料理を主としたお膳のお料理をペロリとたいらげました。お口に合って本当によかったです。♪
 翌日、お帰りも只見線(代行バス)で会津方面へ向かわれました。途中只見線沿線で泊まりながら、会津から最終目的は青森の津軽を目指しての長旅です。
 日本の冬のローカル、雪の風景を体験しながら、楽しい思い出をしっかり写真に残してお帰りできるよう願っています。(^^♪
                           画像クリックで拡大します。

      冬のローカル線で日本旅行♪ …オランダからのお客様

2018/1/13
 
陽気なオランダからのお客様です。KLMオランダ航空にお勤めです。アテンダント(客室乗務員)をされているそうです。
 休暇で冬の日本の各地を旅しています。
会津方面から雪の只見線で来ました。ご到着が昼間の早い時間でしたので、チェックイン後、積雪140㎝ほどの雪景色を眺めながら、只見川沿いを散策しながら楽しんでいました。
 田舎の郷土料理も喜んで食べていただきました。余り日本語は達者ではありませんが、お人柄がよく、陽気で、気さくな方々でした。
 翌日は、小出方面へ只見線一番列車で。列車出発後、女将が駅の近くで列車に手を振ると、気づいてくれて窓から手を振り返してくれました。♪
 このあと、高崎~長野~木曽と楽しい冬のローカルの旅です。心ゆくまで日本を堪能してお帰り下さい。(^^♪
                              画像クリックで拡大します。

      日本の冬を満喫♪ …オーストラリアからのお客様

2018/1/10
 
只見線・代行バス最終便で只見駅ご到着。
夕食抜きのお泊りでチェックイン。
お腹も空いていることだろうと、女将が自家製の手づくりパンでおもてなし。
「Oh Wonderful !」
喜んで食べていました。
 ローカル線で冬の日本を巡り、雪のアウトドアスポーツを楽しむ旅の途中立ち寄りました。
これから、長野県の白馬に行ってスキーを楽しむ予定だそうです。
 翌朝チェックアウトでは、スマホでお別れの言葉を翻訳アプリで日本語に変換、画面を見せていただきました。「いろいろと親切にしていただきありがとう。とても楽しかったです。」
 玄関前で女将とお別れの記念写真をパチリ♪ 只見線、一番列車で帰られました。
                              画像クリックで拡大します。

      雪国ヒッチハイク♪ …オランダからのお客様
2018/1/2
 
2年の日本留学、日本語ある程度通じます。
 ヒッチハイクで日本各地を回ってますが、さすが雪国、雪道では思うようには車に巡り会えません。代行バスで只見まできました。
 徹底したベジタリアンで魚、肉系は駄目。
当然吸い物、煮物もだしに使ってあれば駄目。
昆布のみでだしを使って特別に調理、野菜、山菜料理等美味そうに食べていました。お正月なのでお餅も食べました。お蕎麦は“そばつゆ”を昆布とシイタケで即席に作って差し上げましたが上手に食べました。当館馴染みの同宿のお客さんに「tadamiso Japanese-Soba Number one !」などと分かったような分からないような声掛けにうなづいていました。
 囲炉裏は初めてのようで珍しそうにしていましたが、火があるのに「なぜ、煙突がないのか?」西欧の暖炉ぺチカやストーブのイメージからすれば不思議なものかもしれません。炭火であることや昔は薪を使っていた話をしてご納得。お正月滞在の他のお客様とも楽しく一夜を過ごしておられました。
 翌朝も小出方面へのヒッチハイクは当然無理、一番列車にようやく間に合って、小出方面へ向かわれました。楽しい旅が続きますように、日本の滞在がいい思い出になりますように(^^♪
                              画像クリックで拡大します。

      のんびり、新婚旅行♪♪ …メキシコからのお客様
2017/12/21
 
新婚ほやほやのご夫婦…♪
 メキシコからの新婚旅行の途中にお泊りです。お電話とホームページから何回かのやり取りでご予約をいただきました。列車を乗り継いで会津方面から只見線で到着。
 翻訳のお仕事をしておられるそうで、日本語はある程度ご理解。
 さすが50㎝の雪には寒さを感じていました。暖房の効いた青畳の和室と炬燵を経験しご満悦。
 お国柄か、鷹揚でのんびりタイプ…。チェックアウト後、出発の支度が間に合わず、予定の列車に数分差で乗り遅れ。2時間ほど雪の散策をしたりして、また、会津方面へ代行バス、只見線で出発されました。これ “メキシコ時間ですよ
と冗談を言っていました。
 
これから和歌山方面に行かれるそうです。なんと気ままなのんびり新婚旅行なのでしょう…。
お幸せに…♡ またのお越しをお待ちしています。

 
写真はロビーにて、会津名産・夫婦起き上がり小法師を手に、館主、女将とともに記念にパチリ (^^♪

                              画像クリックで拡大します。

      雪の只見線、雪見の旅! …マレーシアからのお客様
2017/12/12
 
ブログを見て予約を取りました。片言の日本語で通じます。
 雪のないマレーシアから、日本の雪見と地方を巡る列車の旅がしたく、列車を乗り継いで只見線で来ました。
 11月に降った初雪がすっかり消えていたところへ、昨夜からの寒波で朝の雪は40㎝ほどに。優雅な雪見を越えてただ驚き、驚き…。しかし用意周到、なかなかの重装備です。
 デザイナーの仕事をしています。日本様式の和風のただ住まいに興味があり、青畳の和室、冬の炬燵、木の香りの造り、満足して過ごしておりました。
 雪の降りしきるなか、名残り惜しく只見駅を後にお帰りになりました。
                              画像クリックで拡大します。

      日本の旅、人とのふれあい ! …マレーシアからのお客様
2017/4/22
 
たびたび日本に来ています。
地方を巡る列車の旅が大好き!人との触れ合いが楽しく、食事も美味しいです。
 新潟方面より只見線で到着、天気模様も良かったので、早速、レンタサイクルでサイクリング。両側残雪の道路を只見湖から田子倉ダム直下までひと回り。只見はまだ早春の草花が咲いていなかったのが残念…。
 食事は和食大好き、お蕎麦も大丈夫です。
 翌朝、出発までの時間、雪のまだ残る街なかを散策して、会津若松方面に只見線(代行バス)で出発されました。 

                              画像クリックで拡大します。

     “サムライ” 大好き ! 日本の文化に触れる…カナダからのお客様
2017/4/15
「ニホンゴ デキマス…」
片言の日本語でチェックイン。
伊達政宗ゆかりの伊達藩・仙台等を回って、只見線で只見へ。“サムライ日本”に興味大。
広間の鎧・兜、囲炉裏に触れて喜んでいました。夕食の日本食はすべてOK、お蕎麦も上手に食べました。
 翌朝は快晴、駅前広場(宿の前)の雪まつり名残りの雪の山、雪室にして野菜や地酒を貯蔵しています。今どきの雪の山に驚きと滅多に見れない光景にご満足。
記念にここでもパチリ…。
 只見線で会津方面へ、代行バスで向かわれました。
                            
画像クリックで拡大します。  

     雪景色に感動 !! また来ます…♪ 台湾からのお客様 (2名様)


     雪景色に感動 !! また秋に来たい… 香港からのお客様
2017/2/12
 只見線で雪の只見へ…。丁度、雪まつりの最終日、宿の真ん前が会場ですから、巨大雪像のある雪まつりも見学できました。夕食もそばをはじめ女将の郷土料理もきれいに食べてご満足。
 雪まつりで出入りの多いロビーでは、地元の方々ともひと時の交流、楽しんでおられました。
ロビーに置いてある写真集「自然首都只見」(ユネスコエコパーク只見の自然写真集)の写真撮影者は写真家・林明輝さんですが、たまたま同名でびっくり、何かのご縁でしょう、只見での印象を深くされたことと思います。
 紅葉の只見線、秋には是非只見にまた来たいと約してお帰りになりました。
                             画像クリックで拡大します。

     日本の生活・文化を体験したい…フィンランドからのお客様
2017/2/4
「タタミの部屋はありますか?」
フィンランドからお一人でのご来館。
青畳の炬燵もあるお部屋にご満悦。
 夏目漱石の「こころ」を読んで、日本に興味を持たれたそうです。川端康成の「雪国」を読
み、JRでトンネルを抜け新潟から只見へ来ましたとのこと。日本の文化にも興味津々、翌朝は新雪が積もったので、‘かんじき’を履いて、只見駅裏の滝神社まで散歩。
 夕食にはお泊りの他のお客様と会話が弾み、楽しく過ごしました。写真でご一緒の方は神奈川からお出での〇〇さん。ローカルなスキー場をめぐり、地元の方々との交流を楽しんでおられる方です。スノーボーダーの指導をされておられる業界では有名な方です。もちろん外国語も堪能、いろいろとお世話になりありがとうございました。
    画像クリックで拡大します。

      JR只見線復旧応援体験ツアー 日本に留学中の外国人のお客様
2017/1/29
 JR只見線は会津川口駅~只見駅間で2011年(平成23年)、福島・新潟豪雨で橋梁等路線に甚大な被害を受け、不通の状態が続いています。JR只見線の全線復旧に向けた支援の輪を広げるた
め、日本の原風景が残る奥会津の温泉、グルメ等の魅力を堪能するツアーが開催されています。
 今回は日本に留学していている外国人留学生の皆さんが参加してくださいました。中国、台湾、タイ、ミャンマー、エジプト、インド等16ケ国から68名様の昼食。 “手打ちそば”も心配でしたが、箸使いも上手でとても上品に食べておられました。“こづゆ”はお替りを何杯も、大鍋がきれいになりました。
 なかには、福島の言葉で 「また、来てください」 を何といいますか?の質問、「また、来てけやれ」と教えると、嬉しそうに「また、来てけやれ」と上手に発音。皆さん留学生だけに、とても日本語が上手でしたよ…。    
  画像クリックで拡大します。


只見線の旅 マレーシアからのお客様
2017/1/28
 マレーシアからの鉄道 “乗り鉄、撮り鉄”のお二人
上越線から只見線で会津方面に向かう途中、当館に一泊。
小出駅から乗り合わせた当日当館に宿泊の団体様と意気投合、地元只見の団体関係者の方々も交え懇談会食をともにすることになり、大いに盛り上がりました。ご本人さん達もこんな日本的な経験あまりないことだと思いますが、喜んで最後までお付き合いをしておりました。最後には参加者全員で記念写真をパチリ。
 翌日は代行バスで出発までの間、只見駅周辺の雪景色の写真を撮りまくっていました。思えばマレーシアは雪が降らないんですね…。
 途中、狙いは三島町の只見線第一橋梁の冬景色、良い写真と良い思い出をいつまでも残して
またお越しください。   
  画像クリックで拡大します。

      日本列島 列車の旅… 台湾からのお客様
2017/1/3
 当館初の最強の “乗り鉄” 台湾からいらっしゃいました。
国内の列車を乗り継いで、秋田方面から会津、只見線に入り当館まで。一泊の後、只見線で新潟方面からまた日本縦断、鹿児島までの列車の旅。
 スマートフォン一つで宿泊から旅行行程まで自由自在、日本列島縦断の旅を存分にお楽しみください。    
  画像クリックで拡大します。

          
    
☆日本列島 列車の旅 台湾からのお客様☆

  2016/1/3日1泊2日で、台湾台北市から リョウ イホ さん宿泊滞在されました。
 只見はもちろんはじめて、いくつか国内を見学の後、只見線を利用しての旅行です。只見線も地元で思っている以上に海外の方々にも知られるようになりました。
 木の香り、民家造りの只見荘の外観、木をふんだんに使った内部の造り、特にお部屋の青畳、和風のただずまいをすっかり気に入っていただきました。
 食事もお子さんがご一緒でしたので少々心配でしたが、山菜よし、川魚よし、郷土料理よし、おソバもよしで安堵しました。
 翌日、只見線列車出発前に “三石神社”&“ゆり平”散策へ。山達者な女将が一緒にご案内、楽しいひと時を過ごしました。簡単英語で何とか意思は通じました。
 日本での楽しい思い出をいつまでも、また機会がありましたら日本へ、そして只見に…。
お待ちしています。                     画像クリックでその他の画像へ

Liao Yifang

----- フリガナ -----

りょう いほ


                                            ― 只見荘スタッフ一同 ―

ロバートステュワートさんご家族とご一緒に、玄関前で。        
       ☆オーストラリアからのお客様☆


 6/14日~17日の34日の日程で、オーストラリアのロバート ステュワートさんご家族が滞在されました。
 もちろん只見ははじめて、2週間の休暇で日本国内のあちこちを見学して歩かれるそうです。
 コースなどもご自分で調べられて、行動もすべてマイペース。会津若松、日光など見学して帰られるそうです。

  食事も心配でしたが、山菜、川魚、郷土料理もおそばも全然問題なし。手書きの簡単英語と身振りで何とか意思は通じました。  当館のホームページの予約フォームからのご予約でした。世界の皆さんがご覧になっていると思うと、いいホームページを心がけていかなければと痛感しました。
 
いろいろご不便をお掛けしましたがご滞在ありがとうございました。
このホームページをご覧になっておられましたら只見荘のこと、日本のこと想い出してください。ご家族のご多幸をお祈りいたしております。                   画像クリックで拡大します。

                                          ……只見荘の家族より……


☆台湾からのお客様☆ 台湾からの「日本民宿体験ツアー」の皆さん

 
 台湾から「日本民宿体験ツアー」の皆さんがお出でになりました。11/5日~6日
成田~裏磐梯~只見~茂木~白浜~成田の4泊5日コースのうち1泊2日を只見荘に滞在、民宿体験で楽しんで行かれました。




写真画像クリックで滞在の様子をご紹介します。