Topics 只見の話題
   「只見ユネスコ エコパーク」登録決定 !!

 只見町はブナ林を中心とする豊かな自然環境・地域文化と人との共生を目指す
「只見ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)」に登録されました。昨年9月に
国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録申請していましたが、本年6月11日に
待望の登録が決定しました。町では今後世界に認められた自然や文化の保護や活
用を本格的に取り組んでいくことにしています。
なお、只見ユネスコエコパー
クの内容については下欄の項目をご参照ください。
 
また、只見町ではエコパークの決定を受け、新しい構想の一つとして、長岡
藩家老河井継之助が会津に逃れるため通った、福島県只見町と新潟県三条市を

ぶ旧街道八十里越え古道の
再整備に向けて、10年計画で遺跡等の調査に入ること
になりました。八十里越え古道はブナの原生林を通る歴史と文化の道です。
  ★只見ユネスコエコパーク・パンフレット pdf  
関連資料 文部科学省  環境省 林野庁  只見ブナセンター
                            (2014/6/16) 




 八十里越古道


ブナ林の散策
   「只見ユネスコ エコパーク」登録推薦書パリ本部提出

 只見町では、豊かな自然環境と地域社会、伝統文化が根ざした「自然首都・只
見」のブランド化を推進するため、ユネスコエコパークの登録申請をしていまし
たが、9月4日「日本ユネスコ国内委員会(文科省内)」においてユネスコへの
登録推薦が決定し、9月30日にフランスパリのユネスコ本部に推薦書が提出さ
れました。来年6月には、スウェーデンで開催される理事会で登録が決定される
予定です。

 「只見ユネスコ エコパーク」は関係機関、関係者のご尽力によって実現に向け
て順調に進んでいます。  ⇒新規推薦地「只見」の概要についてpdf
                       (2013/10/12)
 
 
恵みの森
  「只見ユネスコ エコパーク」登録推薦決定

  只見町は、わが国を代表する原生的なブナ林はじめ、落葉広葉樹林、針葉樹林
等が広がっており、豪雪が作り出す雪食地形など豊かな自然環境と地域社会、伝
統文化が受け継がれてきました。自然と共生する町づくりを目指し、その象徴と
して「自然首都・只見」を宣言、ブランド化を推進するため、ユネスコエコパー
ク(生物圏保存地域)の登録申請をしていました。
 9月4日「日本ユネスコ国内委員会(文科省内)」においてユネスコへの登録
推薦が決定しました。今後、9月末までにユネスコに推薦書が提出され、来年6
月には登録の可否が決定される予定です。

 今回のユネスコエコパークの登録推薦は、新規推薦が「只見」及び「南アルプ
ス」、エリア拡張推薦が「志賀高原」
の3か所です。
 「只見ユネスコエコパーク」の区域は、只見町全域と桧枝岐村の一部を含む
面積78,032ha。
区域内は次の4つに分けて管理運営することになります。
 @登山道を除いて原則立ち入り禁止となる「核心地域」
 A調査、研究、モニタリングのみが可能な「緩行地域A」

 B地元住民による山菜採り、きのこ採りが可能な「緩行地域B」
 C国道周辺等住民が居住し、地域経済活動を行う「移行地域」 
ユネスコエコパークの登録により只見の魅力を世界に発信できる日が一日も早く
訪れることを願っております。
  ⇒新規推薦地「只見」の概要についてpdf
関連資料 文部科学省  環境省 林野庁
                                (2013/9/5)

豪雪の雪崩による雪食地形
雪食地形を身近に眺望できるR252号六十里越
 
 ブナの原生林散策
   「只見おもしろ学」ガイドブック発刊
 
 只見町の自然や歴史、文化を項目別に、一目瞭然、分かりやすく説明した「只
見おもしろ学」ガイドブックが発刊されました。只見町教育委員会が発行したも
ので、町民による「只見学懇談会を」を立ち上げ、2年半の年月をかけて町民や
観光客にわかりやすく伝えるガイドブックとして
編集、まとめ上げられました。
 町内の自然、民族、歴史、産業、文化の5編に分けられ、写真入りで、162
項目、271ページにもおよび、編集、発行関係者の意気込みと、心意気が感じ
られる大冊です。
 このガイドブックは、子供からお年寄りまで只見の素晴らしさや後世に残した
い歴史、文化などを、いつでもどこでも話題にし、語り合えるきっかけになるで
しょう。
町民みんなが地域を誇りに語れることは、交流や観光でお出でになる方
々に何よりのおもてなしとなるに違いありません。

 さらに、デジタル化で電子書籍としてネット配信(無料)していますので
いにご活用
ください。PC、スマホ、タブレット可。⇒電子書籍はこちらから
                             (2013/4/21)
 
発刊された「只見おもしろ学」
ガイドブック
   只見線早期復旧署名活動14,000名越える !!

 平成23年7月の福島・新潟豪雨により只見線は鉄橋の崩落、線路の崩壊など
未曾有の被害を受けました。特に会津川口〜只見間では、被害が著しく、以来運
色、日本で3位、SLやトロッコ列車が走り、川と渓谷を縫って走るローカル線
只見線は全国の大勢の鉄道ファンにご利用、愛されてきました。
 現在のところ、復旧の目途は全く立っておりませんが、JR東日本をはじめ国
、県等関係機関に早期復旧に向けて要望活動を続けております。
 署名活動も開始以来14,000名以上になりました。町の人口4,700人をはるか
に上回るご署名で全国の皆さまからの応援のたまものと、心から感謝いたしてお
ります。
 何としても只見線が早期に復旧し、全線鉄路でつながるよう、皆様とともに頑
張るためにも、更に署名活動を続けて参りますので、ご協力をよろしくお願い申
し上げます。 要望活動の趣旨、署名簿、署名簿送付先はこちら(PDF)から
                           (2013/3/14)


 

   流失した第七只見川橋梁
     (金山町・大塩)

  その他の被害橋梁⇒金山町HP
   人気のご当地B級グルメ「マトンケバブ」

 
ピタパンに味付マトンを挟んだ「マトンケバブ」が只見のご当地名物のB級グ
ルメとして人気を呼んでいます。只見町では日常的に食べているマトン(羊肉)
を気軽に食べることが出来ないかと只見町商工会青年部が開発したもので、口コ
ミやメディアで話題になっています。この「マトンケバブ」は主に各イベント会
場で出店販売をしてきましたが、先ごろ、JR只見駅近くに常設の専門店
「味付マ
トンケバブカフェ」
をオープンしました。         2013/1/20

   人気のマトンケバブ
   ユネスコ エコパーク登録指定を目指す只見
 
只見町では、豊かな自然環境と地域社会、伝統文化が根ざした「自然首都・只
見」のブランド化を推進するため、ユネスコエコパークの登録申請を目指してい
ます。

 このたび、エコパーク検討委員会で登録申請にともなう方針とエリアの設定等
が確認され、今後、町では申請に向けて町民の理解を得ながら進めていく計画で
す。今年度中に国内専門委員会への登録申請を目指し、順調に手続きが進めば、
平成26年度には認定を受ける見通しです。          (2013/1/1)

    ブナの子供たち     
   幻の銘酒 「岩泉(いわいずみ)」復活

 地元で”幻の酒”と言われてきた「岩泉(いわいずみ)」が復活しました。
「岩泉」は戦時中に原料の統制により生産が途絶えていましたが、当時は味の良
さや飲み口の良い酒として地元で愛飲されていました。このたび、地元の酒店の
若主人など青年グループらが中心となって、70年ぶりに復活しました。
  
 
南会津町の「会津酒造」の酒蔵で、只見産の水と酒米500万石を使い、伝統の
手法で醸造しました。今回、新たに復活醸造された「岩泉」は、現代の嗜好感覚
と通好みに合わせ、特別純米酒として贅沢に醸造されており、飲み口と味の良さ
は昔以上と評判になっています。只見にお出での時は是非ご試飲をお薦めします

 因みに、1,800ml 瓶で2,750円、720ml 瓶で1,365円ですが、期日限定販
売です。町内の酒店で取り扱っていますが、詳しいことは、
 松屋酒店(TEL 0241-82-2029)にお問合せ下さい。    (2013/1/1)

幻の銘酒「岩泉(いわいずみ)」


                                    戻る